1. ホーム
  2. いびきの話
  3. ≫睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

いびきの程度もいろいろありますが、中でも一番危険性を伴うのが、睡眠時無呼吸症候群です。

にもかかわらず、いびき同様、自分ではなかなか気付かないという点も、この症状の危険性をさらに高めることに繋がっています。

では、SASとも呼ばれている、この睡眠時無呼吸症候群には、どのような危険性が隠れているのでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群の怖さ

いびきとセットでよく語られる睡眠時無呼吸症候群ですが、いびきは音は出ているものの、呼吸はできています。

しかし睡眠時無呼吸症候群は、いびきとは違い、数秒間の無呼吸状態があります。

数秒間とはいえ、それを繰り返していると、いろいろな自覚症状が現れてきます。

睡眠時間に問題はないのに、日中眠い。朝起きた時、よく眠れたという自覚がない。

夜、トイレに何回も行く。日中、ぼんやりしてしまって集中できず、だるい感覚があり、記憶力も落ちた気がする。これらの自覚症状が、睡眠時無呼吸症候群によって現れます。

一番気をつけなければならないのは、こういった自覚症状や寝不足感による、交通事故の危険性の上昇です。

病気の危険性も高くなります。睡眠時無呼吸症候群によって、血中酸素濃度が下がると結果的に、脳梗塞をはじめとした脳卒中を発症する可能性が増加します。

他にも、血液や血管の病気を発症する可能性も同じく増加します。いびきの一種と軽く見ていると大変危険です。

参考:SASが招く損失