1. ホーム
  2. いびきの話
  3. ≫赤ちゃん・子どものいびき

赤ちゃん・子どものいびき

いびきといえばついつい中高年の男性のものと思われがちですが、実は赤ん坊や子どもにも同様にみられる問題です。ここではそんな子供について焦点を当ててみます。

赤ちゃんの場合

実は赤ちゃんもいびきをかきます。乳児のいびきの原因の大半は、鼻づまりです。赤ちゃんがいびきをかいていたら、鼻がつまっていないか確認してみてください。

つまっていたら専用の器具を使って、いびきを解消させてあげましょう。

それでも赤ちゃんのいびきが解消されなかったり、鼻づまりが原因ではない場合は注意が必要です。

先天性疾患や奇形、障害が原因になっていることもあるので、専門医に相談してみましょう。

赤ちゃんのいびきで他に考えられる原因として、鼻やのどの構造上の問題が関係しているケースもあります。しかしこの場合は、体の成長と共に改善されていく可能性もあります。

成長するまでの期間ずっといびきをかいているのも不安になりますね。

たかが乳児のいびきと思われる方も多いでしょうが、新生児のいびきには鼻づまりから障害と様々な原因が考えられるのです。

赤ちゃんのいびきがなかなか改善されなければ、一度専門医に相談することをお勧めします。

子どもの場合

心身ともに成長期である子供にとって、眠ることはとても大切です。大人は少々無理をして睡眠不足になっても体の基礎ができていますが、子供はそうはいきません。

健康な眠りができない子供が増えていますが、生活リズムの乱れだけではない原因があるのです。

親や周りの大人が気をつけてあげなければなりません。そのバロメーターのひとつが「いびき」です。通常、子供はいびきをかきません。おそらく身の回りでも聞いたことがないのではないでしょうか。

それなのに、もし子供に症状があったとしたら、なんらかの疾患や障害を疑うべきです。

小児のいびきをひきおこす病気の代表的なものには、扁桃腺肥大があります。子供は扁桃腺が腫れやすいので、気道が圧迫されいびきとなるわけです。

この場合は発熱が伴うことがあります。その他には、鼻や耳の病気があります。

スプレーなどで鼻づまりをとり、熱がない状態でも症状が改善されないのであれば、かなり心配な状態です。重篤な事態に陥る前に、必ず小児耳鼻科等を受診しましょう。

太りすぎで寝たときに気道がせまくなっていびきが起こることもまれにあります。小児のために、健康的な食生活と心がけ、子どもに就寝・起床時間を習慣づけるようにしましょう。