1. ホーム
  2. いびきの話
  3. ≫いびきを一瞬で解消する!?

いびきを一瞬で解消する!?

いびきの問題はその「ぐーぐー」という音が周囲へ迷惑を与えるだけに留まりません。

睡眠時無呼吸症候群という病気のリスクが高まることにこそ、いびきの本当に危険性があるといっても過言ではありません。

睡眠時無呼吸症候群はただのいびきと違い、寝ている間に完全に上気道が塞がってしまい断片的に息ができなくなる病気のことです。

これの怖いところは傍目にはいびきをかかず熟睡しているように見える点で、寝ている本人も酸素が取り込めていない状態なので睡眠がとても浅くなってしまいます。

場合によっては「ぷはっ!」と、無呼吸の状態から断続的に目覚めてしまうことすらあります。

そうなれば当然、睡眠時間は確保できても体の疲れはサッパリ取れず、日中も常に疲労感に悩まされるような体質になってしまいます。

  • 「朝起きたらぐったり疲れている・・・」
  • 「沢山寝てるはずなのに疲れが取れない・・・」
  • 「お昼下がり、猛烈に眠くなって仕事が手につかない・・・」

こういった症状がある方は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いので注意が必要です。

今のスマフォは録音機能も高性能なので、それを使って使って自分の就寝時の音を記録して聞いてみることをおススメします。

いびきを解消する方法

さて、そんな厄介ないびきですが、これを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

実はこれ、いびきのメカニズムが科学的に明らかになった時点で既に答えは出ています。

それは 痩せる ことです。

こちらのページ→()でも説明したように、いびきの原因は舌の肥満に起因している場合が多いのだから、だったら舌を細くしていびきの原因自体を取り除いてしまえばいいという訳です。

ダイエットをしている人がその副次的効果として「いびきが無くなった」と言うのは何も珍しい話ではありませんが、それにはちゃんとした理由があったのです。

ただ、一言「痩せればいい」といってもそれができたら誰も苦労はしていません。むしろ大多数の人はそれが出来ないから苦労しているとも言えます。

そこで、もっと簡単に誰でも出来るいびき対策をご紹介します。

それが枕を正しいものに変える、ことです。

いびきは肥満にせよお酒の飲みすぎにせよ、結局のところ「舌が上気道を塞ぐ」ことで発生します。

そしてその現象は仰向けに寝ているからこそ起きるとも言えます。

これは裏を返せば横向きで寝たり、うつ伏せで寝たりすれば舌が上気道に落ちることもないので、いびきも発生しようがない、ということが言えます。

ただし、ここで注意してほしいのは、仰向けに寝るのはやめて横向きとうつ伏せの状態だけで寝ればOK、というわけでもないところです。

なぜなら人間は寝ている間に何度も寝返りを打つことで体をストレッチし、一日の疲れを癒しているからです。その過程では体が仰向けになることも必要不可欠です。

そのため、横向きとうつ伏せの状態だけで寝ていては、たとえいびきは収まったとしても体の疲労が取れず翌日以降ぐったりした状態で目を醒ますことになります。

大事なのは寝返りが自然に打てて、かつ上気道も塞がない枕を使うことです。

枕選びといえば実際に使ってみないことには分からないことも多く、悩むこともあるかと思います。

現在私はこちらのいびき専用枕を使っているので、いびきで悩んでいる人は参考にしてみてください。

いびきを改善するのを目的に作られているだけあって、かなりしっくりきます。